好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Valerie Carter - Wild Child

前回の記事、ジャクソン・ブラウンの「Lives In The Balance」は少々重苦しい雰囲気が漂っておりましたので、今回は彼と関連のある女性シンガーの清々しく可憐な歌声で癒されることにします。ご登場を願うのはヴァレリー・カーター。彼女が1978年にリリースした「Wild Child」を取り上げることにしました。

ワイルド・チャイルドワイルド・チャイルド
(1993/12/12)
ヴァレリー・カーター

商品詳細を見る

1. Crazy
2. Da Doo Rendezvous
3. What’s Becomes Of You
4. Taking The Long Way Home
5. Lady In The Dark
6. The Story Of Love
7. The Blue Side
8. Change In Luck
9. Trying To Get To Know You
10. Wild Child

ソロ・デビューを果たした前作、『Just A Stone's Throw Away』はロック、ポップス、ジャズ、ソウルなど様々なジャンルの音楽が溶け合い、洗練された趣が特徴的なアルバムでした。あたかも1970年代後半のウエスト・コースト、およびアメリカの音楽シーンを象徴するかのような響きが凝縮されていたのです。セカンド・アルバムとなるこの『Wild Child』は前作の延長線上にありながらもAORの色合いを濃く滲ませていました。親友ローウェル・ジョージやアース、ウインド&ファイアーの面々に代わり、今作では、ジェイ・グレイドン(ギター)、チャック・レイニー(ベース)、レイ・パーカー・Jr(ギター)、TOTOのメンバーらがヴァレリー・カーターをサポート。
バックのミュージシャンの個性に圧倒されたり過剰に演出されることもなく、シンガーとしてのヴァレリーの魅力が十二分に引き出された一枚です。プロデューサーに迎えたジェームズ・ニュートン・ハワードの功績も大きかったことでしょう。彼はエルトン・ジョンやメリサ・マンチェスターらの楽曲のアレンジで注目され、後にリッキー・リー・ジョーンズの『The Magazine』(1984年発表)のプロデュースを手掛け、現在は『Pretty Woman』(1990)、『The Fugitive(逃亡者)』(1993)、ER(1994 - 2009)、『Batman Begins』(2005)、『I Am Legend』(2007)など映画やテレビ・ドラマの音楽の世界で活躍している人物です。

オープニング・ナンバーはヴァレリー・カーターがプロデューサーのジェームズ・ニュートン・ハワードらと競作した、「Crazy」。恋愛する複雑な女心が描かれた曲です。スティーヴ・ルカサーらTOTOの面々がバックを受け持っていました。


CRAZY
何度も朝を迎える度に
随分長いこと私を辛い気持ちににさせられてきたのだと思う
太陽の光に目が眩み、何かをするのを妨げ続けている
私の頭の中はこんなことばかり
私はもうこれ以上嘘を並べ立てることは出来ない
そんなものを引きずる自分なんて
ひとりぼっちで生きて行くよりも厄介に違いないわ

気にし過ぎだと
あなたの声が聞こえる
自分がどんな女だったなんか忘れよう
向こう見ずでどうかしてるってことはわかってるわ

気にし過ぎだと
あなたの声が聞こえる
でもあなたにはわかってるでしょう
私がいつもこんな風だってことを
向こう見ずでどうかしている女
たぶんそれが私の本性よ

他の人よりはるかに私の思いを受け入れてくれたのは
あなただってことがはっきりしている
あなたはカヴァーの中に片足を突っ込み
私はそこから片足を出す

特別扱いだなんて
あなたは私のために乾杯を呼びかける
ひそひそ話はやめてちょうだい
こうならないようにと誓ったことから
私は逃げてきた
あなたは私が楽しんでいると思っているのね
でも、本当は
私をどうしようもなくさせるの
クレイジー、どうかしているわ
私の言いたい意味が分かるわね
私はクレイジー、どうかかしている女なの

「どうしようもなくあなたが必要なの/どうしていいのかわからない」と愛する人への思慕が歌われた、「Da Doo Rendezvous」。ギター・ソロはレイ・パーカー・Jr、アコースティック・ギターはフレッド・タケット、ベースはチャック・レイニー。


TOTOの面々とジェームズ・ニュートン・ハワード(キー・ボード)がバックを担当した軽快な曲調の「Lady In The Dark」。ヴァレリー・カーター、ジェームズ・ニュートン・ハワード、スティーヴ・ルカサーの共作曲です。


ホーン・セクションが印象的な「The Story Of Love」。ファンキーなソウル・ナンバーに仕上がっていました。理性を捨ててしまうほどの恋物語が綴られています。ヴァレリー・カーターとR.Bellの共作。ギターはジェイ・グレイドン、ホーンのアレンジはアース、ウインド&ファイアーやシャイライツを支えたTom Tom 84ことトム・ワシントンが担当していました。


愛する人への未練が漂う「The Blue Side」。深みのある歌声から凛々しさが伝わってきます。ファルセット・ヴォイスが魅力のシンガー・ソング・ライター、デヴィッド・ラズリーとアリー・ウィリスの共作曲。


アリー・ウィルスが1980年に音楽関係者に配布したサンプル盤に収められていたヴァージョンのようです。デヴィッド・ラズリーが2003年にリリースした未発表曲集『Demos』に収録されたものと同一なのかよく分かりません。
http://www.youtube.com/watch?v=35vosxPMDbk

クリスタル・ゲイルも歌っています。1979年のアルバム『Miss The Mississippi』に収録されていますが、今回はライヴ映像でお楽しみください。
http://www.youtube.com/watch?v=rrW1U-IfptU

爽やかで軽やかな「Trying To Get To Know You」。新しい恋への積極的な気持ちと切なさが交錯する女性の心理を歌うヴァレリー・カーターがいじらしく思えるようなナンバーです。シカゴの名門ソウル・グループであるシャイライツのリード・ヴォーカルとして活躍したユージン・レコードの作品。オリジナル・ヴァージョンは1978年に発表された彼のソロ・アルバム『Eugene Record』に収録されていました。


ユージン・レコードのヴァージョンも宜しければお聴きください。
http://www.youtube.com/watch?v=vn5AN2at4vA

AORの名盤として語り継がれる本作ですが、商業的には芳しい結果を残せなかった本作。CBSとの契約が打ち切られた後は数々のアーティストのバック・ヴォーカルとして活動します。彼女がレコーディングやツアーに参加したアーティストはジャクソン・ブラウン、ジェームズ・テイラー、クリストファー・クロス、ダイアナ・ロス、ロッド・スチュアートなど枚挙に暇がありません。
洗練された癖のない声質と巧みな歌い回しの妙、清楚と妖艶を兼ね備えた天性の資質に磨きをかけ、ようやくヴァレリーがサード・アルバム『The Way It Is』をリリースできたのは1996年。なんと12年もの歳月がかかりました。

スポンサーサイト

Valerie Carter - Just A Stone's Throw away

9月に入っても猛暑が続いております。こういう時は逞しい男性ヴォーカルよりも、美しい女性の歌声で癒されるのが一番。ということで、今回はヴァレリー・カーターさんに登場していただくことにしました。取り上げるアルバムは『Just A Stone's Throw Away』。1977年に彼女が発表したソロ・デビュー・アルバムです。


Just a Stone's Throw AwayJust a Stone's Throw Away
(1994/01/25)
Valerie Carter

商品詳細を見る

1. Ooh Child
2. Ringing Doorbells In The Rain
3. Heartache
4. Face Of Appalachia
5. So, So, Happy
6. A Stone's Throw Away
7. Cowboy Angel
8. City Lights
9. Back To Blue Some More

ヴァレリー・カーターは1954年、フロリダ州ポーク・シティに生まれました。父親が空軍将校だったために幼少の時期からアリゾナ州のトゥーソンを始め南部各地を転々としていたといいます。
彼女は18際の頃に歌手を目指してニューヨークに向かい、グリニッチ・ヴィレッジのクラブでプロとしてのキャリアをスタートさせました。19歳の頃にはカリフォルニアに移住。ジョン・リンド(元フィフス・アヴェニュー・バンド)、リチャード・ホーヴェイらとハウディ・ムーンというグループを結成します。
そんなある日、ヴァレリーは友人の家で行われたパーティーでジュディ・コリンズと出逢いました。千載一遇のチャンスとばかり、彼女は自作の「Cook With Honey」をジュディ・コリンズに弾き語りで聴かせたところいたく気に入られ、ジュディのアルバム『The Stories And Others』(1973年発表)に収録されることになりました。この曲はシングル・カットされ全米32位まで上昇しています。
早くも機が熟した格好のハウディ・ムーン。ラヴィン・スプーンフル、フィフス・アヴェニュー・バンド、リトル・フィートなどを扱ってきたボブ・キャヴァロがマネージャーに就任し、1974年に「Cook With Honey」のセルフ・カヴァーを収めたアルバム『Howdy Moon』でA&Mよりデビューを飾ります。このアルバムはリトル・フィートのローウェル・ジョージがプロデュースを担当し、ジョン・セバスチャンやヴァン・ダイク・パークスがサポートしていましたが、さほど話題にもならずにこの一枚でグループは解散。ヴァレリーはジャクソン・ブラウンやリンダ・ロンシュタットといった様々なアーティストのバック・ヴォーカルの仕事に就きます。なお、ジョン・リンドは後にアース、ウインド&ファイアー(EW&F)の「Boogie Wonderland」(1979)、マドンナの「Crazy For You」(1985)などのヒット曲のソング・ライターとして活動するようになりました。
ヴァレリーにとってそうした下積みの日々が続く中、再び表舞台へのチャンスが巡ってきます。ハウディ・ムーンのマネージャーだったボブ・キャヴァロがアース、ウインド&ファイアーのマネージャーに就任。彼の推薦でCBSとの契約に至ったのです。
ヴァレリー・カーターのファースト・ソロ・アルバムにはジャクソン・ブラウンやリンダ・ロンシュタットが彼女の再出発を祝うかのように参加。総合プロデュースはジョージ・マッセリングがあたっていますが、曲によっては友情の証を示すかのようにローウェル・ジョージ、レーベル・メイトにもなったモーリス・ホワイト(EW&F)が担当していました。

それではアルバムの中から何曲か紹介します。オープニング・ナンバーは「Ooh Child」。ニーナ・シモン(1971年の『Here Comes The Sun』収録)でもお馴染みの曲です。ヴァレリー・カーターの歌声は可憐ながらも妖艶と言えばカーラ・ボノフを連想しがちですが、カーラとはまた違った愛くるしさや奔放さが滲み出ていました。


OOH CHILD
ねぇ 物事はきっとよくなっていくわ
ねぇ すべては輝いていくのよ
ねぇ 私たちは手をつなぎ、そして解き放たれるのよ
ねぇ 世界はもっと明るくなるわ

いつか太陽の陽射しを浴びて歩くときに
いつか世界がもっと輝いているときに
いつか私たちは手をつなぎ、そして解き放たれるのよ
いつか私の髪がもっと軽くなったとき
物事はきっとよくなっていくわ
すべては輝いていくのよ

ねぇ 物事はきっとよくなっていくわ
ねぇ すべては輝いていくのよ
ねぇ 私たちは手をつなぎ、そして解き放たれるのよ
ねぇ 世界はもっと明るくなるわ

ニーナ・シモンのヴァージョンです。
http://www.youtube.com/watch?v=6odkM5o038A

ファースト・リリースはたぶんこの人たち。The Five Stairstepsが1970年に発表した『Step By Step By Step』に収められていました。今回はTV番組『Soul Train』出演時の映像を宜しければご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=OVF4r3fLBrU

ホール&オーツも2004年発表のアルバム『Our Kind Of Soul』で取り上げていました。彼らならではの個性と技量が発揮されたカヴァーではあります。
http://www.youtube.com/watch?v=0RY0uS6KPRc&feature=related

ローウェル・ジョージ作の「Heartache」は2006年リリースの『Midnight Over Honey River』に収録されたライヴ・ヴァージョンをお聴きください。恋人のことが重荷となり、”Heartache”(心の痛手)と表現されています。


ヴァレリー・カーターとローウェル・ジョージ共作の「Cowboy Angel」。プロデュースはローウェル・ジョージが担当しています。ジョン・セバスチャンの郷愁を誘うようなハーモニカの音色が印象的。去って行った昔の恋人への未練が描かれた歌です。


モーリス・ホワイトらの作で、ホワイト自身がプロデュースも行っている「City Lights」。ホーン・セクションが弾むファンク調の曲に仕上げられていました。まるでヴァレリー・カーターがEW&Fに加入したかのような錯覚を起こさせます。


清楚と妖美が同居しているかのようなヴァレリー・カーターのヴォーカル。ロック、ポップス、ジャズ、ソウルなど様々なジャンルの音楽が溶け合い洗練されたサウンド。1970年代後半のウエスト・コースト、およびアメリカの音楽シーンを象徴するかのような響きがこの一枚の中に凝縮されているかのようです。
しかし、このアルバムは音楽関係者や熱心なファンの間でしか支持が得られませんでした。優れた音楽が大衆の支持を得られるとは限らないものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。