好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.D.Souther - Natural History

懐メロブログと化さないように、今回も新作をお題とします。ご登場いただくアーティストはJ.D.サウザー。彼が今年、2010年5月31日(国内盤6月8日)にリリースしたばかりのアルバム、『Natural History』を取り上げることにしました。でも、セルフ・カヴァー集なので、やはり懐メロの範疇に入ってしまうんでしょうかねぇ・・・・・・。

ナチュラル・ヒストリーナチュラル・ヒストリー
(2011/06/08)
J.D.サウザー

商品詳細を見る

1. Go Ahead And Rain
2. Faithless Love
3. You're Only Lonely
4. The Sad Cafe
5. Silver Blue
6. New Kid In Town
7. I'll Take Care Of You
8. Little Victories
9. Prisoner In Disguise
10. Best Of My Love
11. I'll Be Here At Closing Time
12. How Long(Bonus Track)
13. Heartache Tonight (Bonus Track)

前作『If The World Was You』がジャジーな上に、エスニックな雰囲気さえ漂わせていて、カントリー風味のアレンジが施されたシンガー・ソング・ライターとしての作品を望んでいた旧来のファンの期待を少なからず裏切った結果となりました。人間は進歩するものであり過去のスタイルに拘っていられないといったところでしょうか、J.D.にしてみれば否定的な声にかまうことなくライヴ活動に勤しみ、熟成した味わいを披露。還暦過ぎた男の熟成ぶりを醸し出していたのです。

惑うことなく我が道を行くようなJ.D.ザウザー。彼のライヴ・パフォーマンスは好評を博し、再び脚光を浴び始めました。そんな時、J.D.の過去の作品を埋もれさせるには忍びないと思ったのか、バリー・マンの『Soul & Inspiration』(2000)、ジミー・ウェッブの「Just Across The River」(2010)などのセルフ・カヴァー集を手掛けたプロデューサーのフレッド・モーリンが彼にもセルフ・カヴァー集のレコーディングをオファー。当初は渋り気味だったJ.D.でしたが、モーリンの熱意にほだされ、自身の意欲が込み上げてくるタイミングを見計らいながらアルバムの完成へと向かうことになったのです。
J.D.によるギターの弾き語りをベースにピアノ、ベース、ドラムが控えめに伴奏し、曲によってはサックスやトランペットがジャジーな音色を効果的に奏でるといったシンプルな音作り。当世流行の安易なセルフ・カヴァー集ではなく、J.D.のキャリアから珠玉の作品が選び抜かれ、かつての名曲が新しい魂が込められたように甦ったような感覚を受けました。歌声は甘く耳元に響き、熟成というよりも瑞々しさをたたえ、彼の歌心が表されたアルバムに仕上がっています。

参考までに収録曲のファースト・レコーディングは以下の通りです。イーグルスのグレン・フライとは若き日々にロングブランチ&ペニーウィッスルというデュオを組んで1969年にデビュー・アルバムを発表していますが、解散後も二人の交流は続き、イーグルスの楽曲をドン・ヘンリーら他のメンバーをも加えて共作してきました。
1. Go Ahead And Rain (1984年発表の『Home By Down』収録)
2. Faithless Love (1976年の『Black Rose』に収録)
3. You're Only Lonely (1979年の『You're Only Lonely』に収録)
4. The Sad Cafe (グレン・フライらとの共作。イーグルスの1979年のアルバム『Long Run』に収録)
5. Silver Blue(『Black Rose』に収録)
6. New Kid In Town (グレン・フライらとの共作。イーグルスの1976年作、『Hotel California』に収録)
7. I'll Take Care Of You (ディキシー・チックスの1998年作、『Wide Open Space』に提供)
8. Little Victories (近年のライヴで歌っている未発表曲らしい)
9. Prisoner In Disguise(サウザー・フューレイ・ヒルマン・バンドの1975年作『Trouble In Paradise』、リンダ・ロンシュタットの1975年作『Prisoners In Disguise』に収録)
10. Best Of My Love (グレン・フライらとの共作。イーグルスの1974年作、『On The Border』に収録)
11. I'll Be Here At Closing Time (2008年の『If The World Was You』に収録)
12. How Long(国内盤ボーナス・トラック。イーグルスが2007年に発表した『Long Road Out Of Eden』に収録)
13. Heartache Tonight (国内盤ボーナス・トラック。グレン・フライらとの共作。イーグルスの『Long Run』に収録)

それではアルバムの中から何曲か紹介します。まず、リンダ・ロンシュタットでもお馴染みの「Faithless Love 」。自分の過ちを後悔する切ない気持ちが如実に伝わる失恋の歌です。


FAITHLESS LOVE
不実な愛・・・川の流れのよう
枯れた薔薇の上に落ちる雨に雫のよう
誰も訪れることがない谷で
夜が冷たく暗い風の中で巡る
川の流れのような不実な愛

不実な愛・・・俺はどこで間違えたのか
あまりにも多くの物語と
数えきれないほどの失恋の歌
誰が正しいわけでも誰が間違っているわけでもない
不実の愛がおまえの傍に寄り
不幸がつきまとう
俺がどこかで間違えた不実の愛

今、俺は叶わなかった夢の回廊に立っているようだ
時おりそんな風な気分を味わう
新しい恋はいつも思い通りにはならない
気持ちは移り変わるものだから

不実な愛・・・川の流れのよう
枯れた薔薇の上に落ちる雨に雫のよう
誰も訪れることがない谷で
不実の愛が俺の傍に寄り
冷たい腕で俺を包み込んだ
不実の愛・・・川の流れのよう

リンダのヴァージョンは1974年発表の『Heart Like A Wheel』に収録。
http://www.youtube.com/watch?v=UMUw67bNQ8Q

大ヒット曲、「You're Only Lonely」。こちらは1990年に来日した時のパフォーマンスをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=j0vucbsBizo

イーグルスのナンバー、「The Sad Cafe」。ドン・ヘンリー、グレン・フライ、ジョー・ウォルシュらイーグルスの面々との共作です。


イーグルスのヴァージョンです。
http://www.youtube.com/watch?v=LNa8jiApWo0

こちらも自分の過ちを悔い、未練が募る気持ちが描かれた、「Silver Blue」。


SILVER BLUE
シルヴァー・ブルー、彼女は誰にも別れを告げなかった
よくよく考えた末に
彼女は俺を道に残して去って行ったのだ
おまえは寂しくても
決してそんな素振りを見せなかった
だけどいつの日かおまえがここにいて
おまえを残して俺が故郷に帰る
不幸は俺に責任がある
俺がおまえを連れ回したから
そして今、俺たちは弱っていて立つことも出来ない
おまえは永遠に生きるつもりで
どうにかして俺の傍にいようとしている
だけどおまえは金の翼をつけたままで
空から真っ逆さまに落ちるだろう

おまえを求めるなんて
俺は馬鹿だった
こんなに辛い思いをしたのに
泣いていることにも気がつかないほどだ
だから寂しいと思ったら
俺に知らせてくれ
すぐにおまえのもとに駆けつけるだろう
優しくなだめながら家に連れ帰ってあげよう

リンダ・ロンシュタットのヴァージョンは1975年の『Prisoners In Disguise』に収録。
http://www.youtube.com/watch?v=vPV0zGZ_4Lw

ドン・ヘンリー、グレン・フライらと共作したあまりにも有名なイーグルス・ナンバー、「New Kid In Town」。こちらもライヴ映像でお楽しみください。


イーグルスのヴァージョンも宜しければどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=8u7J60I_wro

前述した通り、アルバム『If The World Was You』からの「I'll Be Here At Closing Time」。 アコースティック・ギターの弾き語りには説得力があります。


アルバム・ヴァージョンでは少々ロカビリー調にアレンジされていた「Heartache Tonight」。このライヴ映像では控えめながらもノリのよい仕上げにしようと懸命な様子が窺えます。


こちらがイーグルスのヴァージョン。
http://www.youtube.com/watch?v=EVlQgxy15D4

YouTubeには新作アルバムからの音源・映像が「Faithless Love」のみしかなかったので、雰囲気だけでもつかんでもらおうと最近のライヴ映像でお茶を濁す結果となりました。結局詐欺、ペテンのような記事になってしまい誠に申し訳ございません。現総理と前総理のやり取りを彷彿させるようで反省することしきりです。しかし、現総理も前総理にだけは言われたくなかったでしょう。その部分だけは同情致します。

お詫びの印にならないかもしれませんが、スタンダード・ナンバーの「Bye Bye Blackbird」を歌うJ.D.の映像で今回はお開きとさせていただきます。

スポンサーサイト

J.D.Souther - You're Only Lonely

前回扱ったカーラ・ボノフのアルバムに参加していた縁で、今回はJ.D.サウザーに登場してもらうことにしました。お題は彼が1979年に発表したアルバム『You're Only Lonely』からの表題曲です。

You're Only LonelyYou're Only Lonely
(2008/03/01)
J.D. Souther

商品詳細を見る

1. You're Only Lonely
2. If You Don't Want My Love
3. The Last In Love
4. White Rhythm And Blues
5. 'Till The Bars Burn Down
6. The Moon Just Turned Blue
7. Songs Of Love
8. Fifteen Bucks
9. Trouble In Paradise

相手に尽くそうとするひたむきなラヴ・ソング。「孤独に感じたり辛い時は俺の名を呼んでくれていい」と献身的な気持ちが表されており、「俺のもとを去ったおまえの名を呼ぶ」と感情的に歌ったザ・ビートルズの「I Call Your Name」とは正反対の趣が感じ取れました。

リンダ・ロンシュタットを始めとして数々の女性と浮き名を流したことで知られるJ.D.サウザー。彼の書くラヴ・ソングには嫉妬や憎悪が入り交じった複雑な恋愛感情が込められていることが多いのですが、この歌は極めてシンプルな思いが伝わってきます。当時、J.D.はどのような恋をしてこの曲を創作したのか、それとも失った恋人たちに対する反省の気持ちがわき上がって来て書き上げたものなのか、ともあれ、誠実で真心がこもった歌は恋愛対象となった女性のみならずリスナーの心までをも惹き付けるのかもしれません。
こんな優しい思いやりを持ったJ.D.の姿はほんの束の間の戯れか。アルバムの2曲目である「If You Don't Want My Love」では冒頭から「もしおまえが俺の愛を欲しくないのなら、おまえなしの道を行くだろう」と歌い出し、そして、「俺に出来ることは何もない」などと突き放しにかかっていました。こうした心変わりがいじらしく、却って人の心を捕らえて離さないと理解するのは乱暴でしょうか。個人的には恋人に心身を振り回されるのはご免被りたいところですが・・・・・・・。



YOU'RE ONLY LONELY
世界がおまえの小さな肩に
崩れ落ちようとし
そしておまえが孤独で
ちっぽけな存在と感じる時
おまえには抱きしめてくれる誰かが必要だ
俺の名前を呼んでくれていいぜ
おまえがひとりぼっちの時
恥ずかしく思わなくていい
おまえはただ孤独なだけなんだ

試練の辛い夜
誰かがおまえの側にいてほしい時は
俺のところへ来なよ
お前が女王のように振る舞っていた頃も
俺はその場にいたし
誰もが離れて行っても俺は最後まで残って
おまえの傍らにいた
おまえがひとりぼっちの時
恥ずかしく思わなくていい
おまえはただ孤独なだけなんだ

世界がおまえの小さな肩に
崩れ落ちようとし
そしておまえが孤独で
ちっぽけな存在と感じる時
おまえには抱きしめてくれる誰かが必要だ
俺の名前を呼んでもいいぜ
おまえがひとりぼっちの時
なあ 恥ずかしく思わなくていいのさ
おまえがひとりぼっちの時
おまえが孤独な時
それは罪ではない
俺たちには時間がたっぷりある
おまえはただ孤独なだけ
おまえはただ孤独なだけ
おまえは何も間違っていない
俺だって孤独になることもある
おまえはただ孤独なだけ
おまえはただ孤独なだけなんだ
だから俺を必要としているのなら
遠慮なく俺に声を掛けてくれればいい
お前はただ孤独なだけなんだ

日本でのライヴ映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=j0vucbsBizo

J.D.が歌う「You're Only Lonely」は中山美穂、織田裕二主演の映画『波の数だけ抱きしめて』(1991年公開)の挿入歌として使われ、これまでに拙ブログでも紹介したことのあるネッド・ドヒニーの「Each Time You Pay」やカーラ・ボノフの「Personally」などとともにサントラ盤に収録されています。
この映画は原田知世主演『私をスキーに連れてって』(1987)、『彼女が水着にきがえたら』(1989)に続くホイチョイ・プロダクション制作による三部作のひとつ。三作ともに大ヒットし、日本国内を席巻するほどのブームを巻き起こしました。原田知世さん主演の二作がバブル期の人間模様や生態を映し出していたと揶揄する声があるのに対し、1982年が舞台の『波の数だけ抱きしめて』は当時の若者像を等身大に描いたことでとりわけ評価が高いようです。また、『私をスキーに連れてって』がスキー、『彼女が水着にきがえたら』がスキューバ・ダイビング、『波の数だけ抱きしめて』がミニFM局といった具合に当時の流行アイテムを取り入れたこともヒットの要因になったのかもしれません。
しかし、これら三部作は関西ではまったくといってよいぐらい話題にならなかった印象が残っています。東西の文化の違いなのでしょうか。メディアで取り上げられているのをよく目にしましたが、私の周囲で会話のネタになることはありませんでした。


波の数だけ抱きしめて Kiwi FM ORIGINAL SOUNDTRACK(コンプリート版)波の数だけ抱きしめて Kiwi FM ORIGINAL SOUNDTRACK(コンプリート版)
(2010/06/23)
サントラシェリル・リン

商品詳細を見る



波の数だけ抱きしめて [DVD]波の数だけ抱きしめて [DVD]
(2010/06/25)
中山美穂織田裕二

商品詳細を見る


宜しければ映画『波の数だけ抱きしめて』の中で「You're Only Lonely」が流れるシーンをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=LGDzA1jsOjY

そう言えば、『波の数だけ抱きしめて』にはこの曲も収録されていました。ジェイムズ・テイラーとJ.D.サウザーのデュエットによる「Her Town Too」。


この曲は上記サントラとジェイムズ・テイラーが1981年に発表した『Dad Loves His Work』に収録されています。

Dad Loves His WorkDad Loves His Work
(2009/04/28)
James Taylor

商品詳細を見る
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。