好きな音楽のことについて語りたいと思います。

Leonard Cohen - HALLELUJAH

 レナード・コーエンが旅立った。享年82歳。
 コーエンはアメリカの文学雑誌『ザ・ニューヨーカー』(2016年10月17日発行号)に掲載された記事で、自分のキャリアを振り返り、新作『You Want It Darker』についても語り、「もう死ぬ準備はできている」といった趣旨の発言をしていた。さらに同月13日にロサンゼルスのカナダ大使邸で催された新作のリスニング・イベントにコーエン本人が登場し、「もう死ぬ準備が出来ている」との発言に関し、「あれは調子に乗って大袈裟に言い過ぎた。私は120歳まで生きるつもりだ」との趣旨の言葉で会場の笑いを誘っていた。
 しかし、別れは突然にやってきた。就寝中に静かに息を引き取ったという。癌で闘病しているという話を小耳に挟んだことがあるが、体調が悪化しているにも拘らず、彼は死の間際まで精力的に活動を続けていた。元気そうに繕っていたのか。コーエンのオフィシャル・サイトで公開された前述のカナダ大使邸でのイベントでの彼の姿を見た時、一抹の不安は拭え切れなかったが。

 私がレナード・コーエンの歌を初めて耳にしたのは中学生の頃。ラジオからちょっぴりカントリー・タッチの音が漂うバックが付けられた彼の歌声に惹かれるものがあったが、当時はビートルズやボブ・ディランほどの感銘を受けることはなかった。
 時が少しずつ流れ、ロック・ミュージックに深く感化されて行った時、コーエンの音楽は自然と耳に馴染むようになってきた。コーエンについての興味が湧き詳しい人物像を調べ、彼について書かれた記事も目に留まるようになった。そうして年齢を重ねて行く度に彼の寂しい歌声が追いかけて来るようになり、耳元から離れなくなって行ったのだ。

 レナード・コーエンは1934年9月21日、カナダのモントリオールに生まれた。詩人として高い評価を獲得し、小説家としても成功を収める。やがて自らの詩集の中の作品にメロディを付けて歌い始め、ジュディ・コリンズがその中の1曲、「Suzanne」を取り上げたことから彼にも注目が集まるようになった。1967年にジョン・サイモンのプロデュースでファースト・アルバム『Songs Of Leonard Cohen』をCBSからリリースし、ミュージシャンとしての活動も続けていくことになる。

 今回記事にするレナード・コーエンの通算8作目にあたる『Various Positions』(1984年発売)は彼のアルバムの中で最も宗教色が強い。自己を赤裸々にさらけ出して神との対話を試みようとしているかのようだ。その神とはキリストだけではなく、彼が深く傾倒していたユダヤ教のハシディズムの神であるヤハウェも対象であろう。さらには唯一絶対神アッラーフを戴くイスラム教の神秘主義スーフィズムや禅的なニュアンスも汲み取れるのだ。

 今回はこのアルバムから「HALLELUJAH」を取り上げたい。



主を喜ばせるためにダビデ王が弾いた
秘密の和音があると聞いたことがあった
でもおまえは音楽になんか興味がないんだろう
それはこんな具合に続く
4番 5番 短調が下がり 長調が上がる
苦悩の王がハレルヤを書き上げたのだ

おまえの信仰は厚かったが証を必要とした
水浴びをする女を屋上から見て
その美しさと月の光におまえの心は乱れた
女はおまえの体を
台所の椅子に縛り付け
おまえの王座を壊し 髪を切った
おまえの唇からハレルヤという言葉を引き出させたのだ

俺が神の御名を淫らに唱えたとおまえは言うが
俺はその御名さえ知らない
でも たとえ知っていたとしてもそれがどうなんだ
どんな言葉にも光り輝くものがあるだろう
おまえがどっちを聞いてもかまわない
聖なるハレルヤだろうと途切れたつたないハレルヤだろうと

俺はベストを尽くしたが、まだ不十分だった
感じることが出来なかったので
御心に触れようとしたのだ
俺は真実を話した 冗談なんかじゃない
たとえ調子を外しても
俺は神の前に立ち
歌う歌はハレルヤ以外は何もない

 ダビデが秘密の和音を弾くくだりは旧約聖書サムエル記上第16章、ダビデが弾く琴の音が神から出る悪霊を追い払ったとされる話の引用と思われる。
 水浴びをする女を見て心が乱れるくだりはサムエル記下第11章、ダビデが王の家の屋上を歩いていた時に美女が体を洗っているのを見たという話を参照したようだ。
 髪を切ったというくだりは旧約聖書士師記第16章、イスラエルの怪力の士師サムソンの力が髪の毛にあることを知った愛人のデリラがサムソンを裏切って彼の髪を切り、サムソンは捕らえれて労役に使されたという話に引っ掛けたものであろう。このエピソードは映画『サムソンとデリラ』(1950)に詳しい。

 この歌には様々な歌詞のヴァージョンがあり、ライヴでは例えば以下のように歌われることがある。


ベイビー 俺は以前ここにいた
俺はこの部屋を見たことがある
この部屋を知っているし、床を歩いたことがある
おまえと知り合う前に
俺は一人で住んでいた
大理石のアーチに掲げられた
おまえの旗を見たことがある
愛は勝利のマーチではない
それは冷たく途切れたつたないハレルヤだ

俺に教えてくれようとした時もあった
地のそこで本当に何が起こっているのかを
でもおまえはもうそんな素振りさせ見せようとしない、そうだろう
おまえのところに転がり込んだときのことが蘇る
聖なる鳩もやって来た
我々の吐息がことごとくハレルヤを吐き出した

さて 天に神はおられるかもしれない
だが俺が神から学んだことは
人より早く拳銃を抜く奴をいかに撃つかということである
今夜おまえが聞くのは不平ではない
光を見た巡礼の話でもない
それは冷たく途切れたつたないハレルヤだ

俺はベストを尽くしたが、まだ不十分だった
感じることが出来なかったので
御心に触れようとしたのだ
俺は真実を話した 冗談なんかじゃない
たとえ調子を外しても
俺は神の前に立ち
歌う歌はハレルヤ以外は何もない

 この歌は多数のアーティストにカヴァーされている。ジョン・ケール『I'm Your fan(レナード・コーエンのトリビュート・アルバム)』(1991)、ジェフ・バックリー『Grace』(1994)、ボノ(U2)『Tower of Song(レナード・コーエンのトリビュート・アルバム)』(1995)、『Shrek(オリジナル・サウンド・トラック)』(2001)、K.D.ラング『Hymns of the 49th Parallel』(2004)、ウィリー・ネルソン『Songbird』(2006)、サラ・ガザレク『Return To You』(2007)、マイケル・マクドナルド『Soul Speak』(2008)、ニール・ダイアモンド『Dreams』(2010)と枚挙に暇がない。

 ボブ・ディランもライヴで取り上げているようだ。






スポンサーサイト

Leonard Corhen - Dance Me To The End Of Love

この度の震災と津波による原発事故によって福島が、広島や長崎と同様の核攻撃を受けたかのような錯覚が生じ、重苦しい空気が日本国内を包み始めている。政府や東電が真実を把握していないのかそれとも隠しているのか、原子力の専門家たちの発言や解説が各人で食い違い信頼を寄せるに足らないからだろうか。また、文化人や知識人の中には事態の収束を祈るどころか、原爆と原発を同一視して煽り立てるかのような言動を行う人も少なくないように思われる。
このような状況において、精神科医で立教大学現代心理学部映像身体学科教授の香山リカ先生がコラムの中で、「不安の正体は原発問題。いま「原発鬱」とも呼ぶべき症状が増加している」と分析し、「 「『目に見えない』『いつ来るかわからない』『いつ終わるかわからない』不気味な状態の行く末を、冷静に見守る耐性のようなものが弱くなっています。今回の原発事故は、現代の日本社会にとって最も苦手な部分に突き刺さる問題になっていて、それが日本人のこころに大きなダメージを与えているのです。」と述べておられた。興味のある方は全文を読まれることをお勧めする。

香山先生のコラムが掲載されているダイヤモンド社書籍オンラインのURL
http://diamond.jp/articles/-/12152

さて、長々と前置きを書き連ねたが、ここからが本題。今回はレナード・コーエンが1985年に発表したアルバム『Various Positions』に収録されていた「Dance Me To The End Of Love」を取り上げたい。気分が滅入った時は青空と乾いた空気を連想させるような明るく軽快なサウンドや愛くるしい女性の歌声で癒されるのが一番かもしれないが、そんな想いと裏腹に哀愁を帯びた重く淀んだ響きに不思議と耳を奪わてしまうものである。

Various PositionsVarious Positions
(1995/02/07)
Leonard Cohen

商品詳細を見る

1. Dance Me To The End Of Love
2. Coming Back To You
3. The Law
4. Night Comes On
5. Hallelujah
6. The Captain
7. Hunter's Lullaby
8. Heart With No Companion
9. If It Be Your Will



DANCE ME TO THE END OF LOVE
情熱のヴァイオリンで踊りながらあなたの美しさへお導きください
恐怖を通り抜けて落ち着けるところまでお導きください
オリーブの枝のように私を持ち上げて運び
家路に向かう鳩になってください
愛の最果てまで踊りながらお導きください

好奇の目を向ける人々が去れば踊りながらあなたの美しさへお導きください
人々がバビロンで行うようにあなたの動きを感じさせてください
私が最後の限界と分かるまでゆっくりと示してください
愛の最果てまで踊りながらお導きください

いま結婚しても踊りながらお導きください
止めないでお続けください
とても優しく、とても長く踊りながらお導きください
私たちは一緒に愛の上にいたり下にいたり
愛の最果てまで踊りながらお導きください

誕生を請う子供たちのように踊りながらお導きください
私たちのキスで擦り切れさせたカーテンの向こうで踊りながらお導きください
避難所のテントを立ててください たとえ裂けていようとも
愛の最果てまで踊りながらお導きください

情熱のヴァイオリンで踊りながらあなたの美しさへお導きください
恐怖を通り抜けて落ち着けるところまでお導きください
素手でも手袋のままでもよいので私に触れてください
愛の最果てまで踊りながらお導きください

この歌は単なる恋愛を描いたものではなく、神へのメッセージが込められていると思われる。レナード・コーエンの神に対する深い感謝の念。それ故に "Dance" はたんに「踊る」という意味ではなく、神の下へ導かれる様子と解釈できよう。
レナード・コーエンの歌は芸術と宗教とエロスが溶け合うことを特徴としているが、この歌でも当然ながら聖書からの引用も幾つか窺える。私は宗教には無知だが、一見して分かる範囲で例示してみよう。
鳩は平和の象徴として有名であるが、旧約聖書の『創世期』8章8~11節にノアが方舟から放った鳩がオリーブの枝をくわえて戻り、7日後に再び放つと戻らなかったことから水が引き洪水が終わったことを知ったとの記述がある。ここでは神が不安や苦悩を取り除くことを意味しているのだろうか。
バビロンとは逸楽と悪徳の街として知られる古代バビロニアの首都。バビロニア神話は世界で最も古い神話とされている。紀元前625年に将軍ナポポラッサルがアッシリアからバビロニアを奪取して新バビロニアを建国し、二代目王ネブカドネザル2世の時代の紀元前597年にユダヤ人を強制的に移住させた「バビロン捕囚」が行われた。

全体を通して難解な箇所や官能的な表現が見受けられる。男女の交わりと考えればかなり刺激的な表現だろう。また、あたかも神と特別な関係を持つことを望むような心得違いさえ表されているようにも思える。とかく陰鬱だの悲壮だのと語られることの多いコーエンの世界だが、深い洞察力に富み、人生における不条理や関心事のすべての考察が内包されているのだ。同時に、言葉にできぬほどの色香も漂わせている。
レナード・コーエンの歌は宗教的見地から考えを巡らせても良いだろうし、単純にラヴ・ソングとして楽しみながら聞くのも良いだろう。リスナーの想いによってコーエンの歌には様々な解釈が成り立つが、引き込まれれば抜け出せなくなるようなとてつもない魔力が彼の歌には存在している。

DVD『Live In London』からの映像。



LIVE IN LONDON [DVD]LIVE IN LONDON [DVD]
(2009/06/24)
レナード・コーエン

商品詳細を見る


イギリスBBC制作の「Jools Holland Show(ジュールズ倶楽部)」に出演した際の映像。


ジャジーな雰囲気にアレンジされたマデリン・ペルーのカヴァー・ヴァージョン。レナード・コーエンの歌は女性のカヴァーがよく似合う。2004年発表の『Careless Love』に収録。


他にも加藤登紀子氏が日本語詞を付け、マーク・ゴールデンバーグのプロデュースのもと、邦題「悲しみのダンス」(1986年のアルバム『Ethnic Dance』に収録)として歌っておられるが、私は加藤氏の音楽には何の興味もなく、また、思想的にも相容れないので勝手ながら映像及び音源の紹介を割愛させていただく。悪しからずご了承のほどをお願い申し上げたい。
  次のページ >>