好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cass Elliot - THE ROAD IS NO PLACE FOR A LADY

女性シンガーの記事が続くようですが、今回はキャス・エリオットが1972年10月に発表した『THE ROAD IS NO PLACE FOR A LADY』を取り上げます。

ザ・ロード・イズ・ノー・プレイス・フォー・ア・レディ(紙ジャケット仕様)ザ・ロード・イズ・ノー・プレイス・フォー・ア・レディ(紙ジャケット仕様)
(2009/10/21)
キャス・エリオット

商品詳細を見る

1. If You're Gonna Break Another Heart
2. Saturday Suit
3. Does Anybody Love You
4. Walk Beside Me
5. All My Life
6. Say Hello
7. Who In The World
8. When Love Was Not A Word
9. Oh Babe, What Would You Say
10. The Road Is No Place For A Lady
[Bonus Tracks]
11. East Of The sun (And West Of The Moon)
12. Theme From L'amour
13. I Think A Lot About You
14. Listen To The World

前作『Cass Elliot』(1972年2月発表)同様、ルイス・メレンタインをプロデューサーに迎え、ロンドンで録音した『THE ROAD IS NO PLACE FOR A LADY』。RCA移籍第2弾、通算では4作目のオリジナル・アルバムとなります。前作で窺えた円熟味や気品に加えて、クリス・スペディングを始めとするイギリスのミュージシャンを起用してバンド・サウンドを意識した作りを心掛けていることが注目されました。決して派手なアルバムではありませんが、いつまでも心に残る1枚です。

それではアルバムから何曲か紹介します。
オープニング・ナンバーはシングル・カットされた『If You're Gonna Break Another Heart』。アルバート・ハモンドとマイケル・ヘイゼルウッドの共作で、ハモンドの『IT NEVER RAINS IN SOUTHERN CALIFORNIA』(1972年発表)に収録されていた曲です。勝手気ままな恋人への決別の気持ちが表されていました。


続いて「Saturday Suit」。もともとはジミー・ウェッブが人類学者デスモンド・モリスの原作を映画化した『The Naked Ape(裸の猿)』(1973年公開)のために書いた曲です。アート・ガーファンクルも『Water Mark』(1978年発表)の中でカヴァーしていました。


次は「ひとりぼっちのときは私を思い出して」と爽やかに歌う「Does Anybody Love You」。レニー(ルネィ)・アーマンドがゲイリー・パケット&ザ・ユニオン・ギャップのメンバーだったケリー・チェイターと共作した曲です。オリジナル・ヴァージョンはレネー・アーモンドの『The Rain Book』(1973年発表)に収録。


クリス・スペディングが弾くワウワウ・ギターが効果的な「Walk Beside Me」。作者のビリー・デイとマイク・レスリーはイギリス人のソング・ライターです。


心地よいピアノの音色で始まる「All My Life」。キャス・エリオットの実妹リア・カンケルがダイアナ・ヒルデブランドと共作した曲です。キャス・エリオットは『BUBBLE GAM, LEMONADE & SOMETHING FOR MAMA』(1969年発表)でもダイアナ・ヒルデブランドが書いた「Easy Come, Easy Go」を取り上げていました。


これもピアノの音色が印象的な「Say Hello」。ポール・ウィリアムズがキャス・エリオットのために書いた楽曲です。ママ・キャスは抑え気味にあっさりとした雰囲気で歌っていますが、ポール・ウィリアムズの紡ぎ出すメロディ・ラインが心に響きました。控えめなストリングスとギターも好印象。


SAY HELLO
時間をかけて
お互いのことを知ろう
そうすれば私たちの間にある問題を
解決できるだろう
二人の間に違いがあるかもしれない
でもやってみなければ分からない
あなたは私から学び
私はあなたから学ぶ

愛と理解
あなたの目を大きく開けて
空は澄みわたり 見えるでしょう
二人の世界を離れたままにしてはいけない
ハローと呼びかける
簡単なことから始めましょう
そうすればあなたは答えを
見つけられたかもしれない

優しい微笑みとともに
手を広げて

私があれこれ思うのは
やるべきことはたくさんあるってこと
愛に満ちた人生のために
美徳が恐怖や心の痛みに溢れた疑念を断ち切る
二人ならきっとやれるわ
あなたもそう思うでしょう

ほんの少しの常識と
思いやりの心を持って
手を差し伸べ 相手を見つめ
ハローと呼びかけよう
そうすればあなたは答えを
見つけられたかもしれない

1970年にリリースした「Don't You Know - She Said Hello」のヒットで知られるバタースコッチの3人(マルコム・アーノルド、デヴィッド・マーティン、ジェフ・モロウ)による作品「Who In The World」。こちらも物悲しいピアノの音色で始まり、シリアスに歌い込んでいます。


拙ブログではお馴染みのアル・ゴーゴニ、トレイド・マーティン、チップ・テイラーの共作「When Love Was Not A Word」。オリジナル・ヴァージョンは彼らのセカンド・アルバム『Gotta Get Back To Cisco』(1971年発表)の収録されています。


ちょっとダミ声を利かせたノスタルジックな「Oh Babe, What Would You Say」。ビートルズの『Rubber Soul』(1965年発表)のエンジニアだったノーマン・スミスが、ハリケーン・スミス名義で1972年にリリースして全英4位を記録した曲がオリジナル。この選曲によって、ともすれば単調になりがちなアルバム全体の雰囲気に変化がつけられているように思えます。ホーン・セクションもユーモラスな音を奏でていました。


ハリケーン・スミスのヴァージョンはライヴ映像でご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=wJdkCs5RdQg

タイトル曲「The Road Is No Place For A Lady」。リア・カンケルの作品です。ピアノとストリングスに支えられるかのようにしっとりと情感を込めて歌い上げていました。


1973年5月にリリースされたキャス・エリオットのラスト・シングル「I Think A Lot About You」がボーナス・トラックとして収録されていました。女性シンガー・ソング・ライターのマーゴ・ガーヤンの作品です。


キャス・エリオットは1973年9月にライヴ・アルバム『Don't Call Me Mama Anymore』を発表した後、翌1974年7月29日に心臓発作に教われて他界しました。スタジオ録音のアルバムはこれが実質ラストと言えるでしょう。

なお、拙ブログとリンクしていただいているおやぢさんのブログ、「音楽系おやぢの買い物日記」でもキャス・エリオットへの愛情溢れた記事が書かれておりました。そちらもどうぞご覧下さい。

スポンサーサイト

Cass Elliot

今回は1972年1月にリリースされたママ・キャスこと、キャス・エリオットの『Cass Elliot』を取り上げます。
キャス・エリオット(紙ジャケット仕様)キャス・エリオット(紙ジャケット仕様)
(2009/10/21)
キャス・エリオット

商品詳細を見る

1. I'll Be Home (Randy Newman)
2. Baby I'm Yours (Van McCoy)
3. Jesus Was a Crossmaker (Judee Sill)
4. That Song (Bill Dean)
5. When It Doesn't Work Out (Leah Kunkel)
6. I'll Be There (Bobby Darin)
7. Disney Girls (Bruce Johnston)
8. I Think It's Going to Rain Today (Randy Newman)
9. Cherries Jubilee (Marilyn Messina)
10. All in the Game (Carl Sigman, Charles Dawes)
[Bonus Tracks]
11. We'll See (John Sebastian)
12. Try It, Baby (Berry Gordy)

ママス&パパスの解散後の1968年の夏、キャス・エリオットはプロデューサーにジョン・サイモンを迎えて、ソロ・アーティストとして念願のファースト・アルバムを発表します。所属のダンヒル・レコードは大きな期待を寄せていたのですが、ヴァラエティに富んだ楽曲が揃っていたものの難しいメロディと凝った作りが災いしたのか、セールス的には全米87位と芳しい成績を上げることが出来ませんでした。
ダンヒル・レコードはポップ路線に戻ることを要請。1969年に発表されたセカンド・アルバム『BUBBLE GAM, LEMONADE & SOMETHING FOR MAMA』はその路線に沿ったサウンドに仕上げられ、シングル・カットされた「It's getting better」(バリー・マン&シンシア・ワイル作)は全米第12位を記録します。このヒットでキャス・エリオットここにありとばかりの健在感を示したのですが、大人の歌を歌いたいという彼女の本意とは大きくかけ離れてしまう結果となりました。
その後、キャス・エリオットはデイヴ・メイソンとの活動や契約を消化するのために一時的に再結成されたママス&パパスへの復帰などを経てダンヒルを離れます。
1971年、キャス・エリオットは新たにRCAとソロ契約を結びました。今度こそフォーク・ロックでもなくバブルガムでもない自分の志向する音楽を心置きなく表現するために、彼女は早速レコーディングを開始。ヴァン・モリソンの『Astral Weeks』(1968年発表)を手掛けたルイス・メレンスタインをプロデューサーに迎え、翌1972年に今回紹介する『Cass Elliot』をリリースします。ランディ・ニューマン、ジュディ・シル、ブルース・ジョンストン(ザ・ビーチ・ボーイズ)といった同時代のシンガー・ソング・ライターたちの作品からオールディーズ、R&Bに至るまで選曲の妙が味わえるアルバムに仕上がりました。タイトルに『Cass Elliot』と自分の名前を名付けたところにも彼女の意気込みが伝わって来るようです。

それではアルバムの中から何曲か聴いていただければ幸いです。
まず、オープニング・ナンバーの「I'll Be Home」。もともとはポール・マッカートニーの依頼を受けたランディ・ニューマンがメリー・ホプキンのために書いた楽曲とのこと。ピアノの伴奏だけをバックにしっとりとジャジーに歌うかと思いきや、途中から力強いリズム・セクションとオーケストラが加わり、感動を呼ぶかのように盛り上げています。
カヴァー・ヴァージョンが多い曲で、ハリー・ニルソン(1970年発表の『Nilsson Sings Newman』に収録)、ヴィッキー・カー(1970年発表の『I'll Be Home』に収録)、バーブラ・ストライザンド(1971年発表の『Stoney End』に収録)、ミーナ(1971年発表の『Mina』に収録)、アン・マレー(1973年発表の『Danny's Song 』に収録)、マチルダ・サンティン(1993年発表の『Texas Girl & Pretty Boy』に収録)らに取り上げられていました。ランディ・ニューマン本人のセルフ・カヴァーは1971年発表の『Live』に収録されています。


I'LL BE HOME
家にいるの 家にいるのよ
あなたの人生がトラブルに遭って
誰も手を差し伸べてくれない時
気分が落ち込み慰めが必要な時
まわりに一緒にいてくれる人がいない時
思い出してね ベイビー
いつでも私を頼りにしていいのよ
家にいるから 家にいるから

家にいるの 家にいるのよ
あなたがどこを旅しようとも
どこを放浪しようとも
あなたは戻って来る だから私はここで待っているの
こんな風にあなたを愛せるのは私以外にはいない
私はあなたをここで癒し、いつまでも面倒を見てあげる
家にいるから 家にいるから ずっと家にいるからね


イタリアの有名なシンガーであるミーナのヴァージョンです。宜しければお聴きください。



続いて、バーバラ・ルイスが歌って1965年に全米第11位のヒットとなった「Baby I'm Yours」のカヴァー。アルバムからのファースト・シングルとしてリリースされました。ディスコ・サウンドの「The Hutsle」(1975年)で一世を風靡したヴァン・マッコイが書いた曲です。


ジュディ・シル作の「Jesus Was A Cross Maker」。本人のヴァージョンは1971年リリースの『Judee Sill』に収録されています。
他の主なカヴァー・ヴァージョンはザ・ホリーズ(1972年発表の『Romany』)ウォーレン・ジヴォン(1995年発表の『Mutineer (1995)』)に収録など。また、リンダ・ロンシュタットも「Bandit And A Heartbreaker」のタイトルで一部歌詞を変えて歌っていました。彼女のヴァージョンは1999年発表の『The Linda Ronstadt Box Set (4-CD Set containing Album Tracks And Some Rarities)』に収録されています。


ザ・ホリーズのヴァージョン。キャメロン・クロウ監督、オーランド・ブルーム主演のアメリカ映画『Elizabethtown』(2005年公開)の挿入歌として使用され、サントラ盤にも収録されました。また、2007年にリリースされたサントラの続編ではレイチェル・ヤマガタがこの曲を歌っています。


ジュディ・シルのオリジナル・ヴァージョンはライヴ映像でお楽しみください。



アルバムからのセカンド・シングルとしてリリースされた「That Song」。


キャス・エリオットの妹であるリア・カンケル(コーエン)作の「When It Doesn't Work Out」。ちなみに、ママ・キャスの本名はエレン・ナオミ・コーエンです。


拙ブログではお馴染みのブルース・ジョンストン作の「Disney Girls」です。オリジナル・ヴァージョンはビーチ・ボーイズの『Surf's Up』(1971年発表)に収録。アート・ガーファンクルの『Breakaway』(1975年)、ブルース・ジョンストンのソロ・アルバム『Going Public』(1977年)でも取り上げられていました。


マリリン・メッシーナ作の「Cherries Jubilee」。


このほかにもランディ・ニューマン作の「I Think It Going Rain Today」(1968年発表の『Randy Newman』に収録)、山下達郎さんも1993年発表のアルバム『Season's Greetings』でカヴァーしている「It's All In The Game 」など秀逸な作品が取り上げられていました。また、2009年の再発盤ではボーナス・トラックとしてジョン・セバスティアンが書いた「We'll See」(1971年発表の『Four Of Us』に収録)、モータウンの創始者ベリー・ゴーディ作でマーヴィン・ゲイが歌って全米第15位のヒットを記録した「Try It, Baby」が収録されています。

  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。