好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Patti Page - Tennessee Waltz

 パティ・ペイジさんが、2013年1月1日に逝去されました。享年85歳。今回は彼女の代表曲である「Tennessee Waltz」をお題とします。

テネシー・ワルツ~ベスト・オブ・パティ・ペイジテネシー・ワルツ~ベスト・オブ・パティ・ペイジ
(2000/07/26)
パティ・ペイジ

商品詳細を見る



テネシー・ワルツ+10テネシー・ワルツ+10
(2011/07/20)
パティ・ペイジ

商品詳細を見る


 パティ・ペイジはオクラホマ州の貧しい家庭に生まれました。18歳の時、地元のラジオ局の番組に歌手として出演するようになったことがきっかけで、プロ・デビューを果たします。
 1947年、「Confess」という曲をレコーディングする際、予算の都合でバック・コーラスを雇えなかったため、複数のパートを多重録音で凌いでレコードを発売。災い転じて福と成すとばかりにその歌唱が世間の注目を浴び、チャートの20位に入るヒットに至りました。パティは多重唱が気に入り、その後もこの手法を継続。次々とヒットを飛ばします。1950年にリリースされた「Tennessee Waltz」は13週に渡って1位を記録し、彼女の最大のヒット曲となりました。

 マーキュリー・レコード時代の録音とCBSに移籍した1960年代の再録音を聴き比べていただければ幸いです。


TENNESSEE WALTZ
彼と踊っていた
あのテネシー・ワルツに合わせて
ある時、偶然に昔の友だちを見かけ
私は彼女に彼を紹介した
すると二人は踊り出し
友だちは私から愛しのあの人を奪い取った

私はあの夜のことを思い出す
そしてあのテネシー・ワルツ
今になって失ったものの大切さを思い知る

そう、私はかけがえのないあの人を失った
あの夜に流れていたのは
あの麗しのテネシー・ワルツ

 今ではテネシー州の州歌となった Redd Stewart と Pee Wee King の共作、『Tennessee Walts』。様々なジャンルの数多くのアーティストに歌い継がれてきました。どのカヴァー・ヴァージョンも各人の個性が滲み出ています。

 ファースト・リリースは作者のひとりである Pee wee King & His Golden West Cowboysによる1948年のヴァージョン。

 
 もうひとりの作者である Redd Stewart によるヴァージョン。
 

 1951年にリリースされたアニタ・オディのヴァージョンです。「私はシンガーでなく、ソング・スタイリストなの」という名言を残した人ですが、少しハスキーな歌声が哀愁を誘います。


 名曲「Love letters In The Sand(砂に書いたラブレター)」でお馴染みのパット・ブーンのヴァージョン。甘い歌声が切ない雰囲気を醸し出しています。1962年発表のアルバム、『I'll See You in My Dreams』に収録。 


 この歌はソウル/R&Bのアーティストにも好まれているようです。サム・クックは1964年のアルバム、『Ain't That Good News』でレコーディング。


 オーティス・レディングは1966年の『Complete & Unbelievable』で取り上げていました。


 ロック・バンドによるカヴァー。まず、ザ・ビートルズに続いてブライアン・エプスタインが送り出したビリー・J・クレーマー with ザ・ダコタスによるヴァージョンは1965年の『Trains and Boats and Planes』に収録。


 ジャズとR&Bが融合したサイケデリックなサウンドで人気を博したイギリスのバンド、マンフレッド・マンは1966年発表のミニ・アルバム『Machines』に収録していました。


 ボブ・ディランやジェリー・ジェフ・ウォーカーのサイドメンとして活躍し、リンゴ・スター、カーリー・サイモン、イーグルスなど数多くのアーティストのレコーディングに参加したギタリスト/シンガー・ソング・ライターのデヴィッド・ブロムバーグのヴァージョンです。 1972年発表の『Demon in Disguise』に収録。気取らず、さりげなく歌うところに好感を持てました。


 しっとりとして安定感のあるヴォーカルはアン・マレー。彼女が1978年に発表したアルバム、『Let's Keep It That Way』に収録されていました。


 エミルー・ハリスは1981年のアルバム、『Cimarron』で披露。透き通った彼女の歌声は、何度聴いても心が洗われるような気がします。


 映画『Out Of Rosenheim/Bagdad Cafe(バグダッド・カフェ)』のテーマ曲「Calling You」のカヴァーで知られるホリー・コールのヴァージョンです。この人独特のブルージーな歌唱にしみじみと聴き入ってしまいました。1993年のアルバム、『Don't Smoke In Bed』に収録。


 トム・ジョーンズがエネルギッシュにエモーショナルに熱唱しています。1995年にリリースされたザ・チーフタンズのアルバム、『Long Black Veil』に客演したヴァージョン。


 ノラ・ジョーンズとボニー・レイットの共演映像。 2006年リリースの『Bonnie Raitt And Friends: VH1 Classic Decades Rock Live!』からのものでしょうか。また、ノラは2002年にリリースしたDVD『Live In New Orleans』でも「Tennessee Walt」をソロで歌っていました。


 レナード・コーエンは2004年のアルバム、『Dear Heather』で取り上げていましたが、今回は1985年のライヴ映像をご覧ください。


 フランスで活動するシンガー・ソング・ライター、ケレン・アンのヴァージョン。ちょっぴり退廃的なムードが漂うところに心がくすぐられます。2007年リリースのアルバム、『Keren Ann』の限定盤に収録されていたとのこと。


 拙ブログでは邦楽をめったに扱わないのですが、江利チエミさんの歌声を無視できません。私はリアル世代ではありませんが、テレビで江利さんがこの曲を歌ってらっしゃるのを何度か観た憶えがあります。今となっては、彼女が高倉健さんと結婚していたのを知っている方はどのくらいおられるのでしょうか。


 それでは、2004年のパティ・ペイジさんのライヴ映像でお開きにしましょう。


 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーサイト

Stardust - Hoagy Carmichael

 2011年も押し詰まって参りました。震災と原発事故に見舞われた日本国内はもとより、世界情勢に目を向けてアラブの春やヨーロッパの経済危機など変革と混乱が相次いで生じた激動の一年だったかと思います。来る2012年は各国のトップの交代が予想される年。ますます混迷の時代へと進むか、希望の幕開けとなるかの分水嶺となるかもしれません。
 さて、一年のフィナーレが近づくと、「Stardust」という曲が心の中で響きます。幼少の頃に観た「シャボン玉ホリデー」のエンディングで、ザ・ピーナツのお二人が歌っていたこの曲。おぼろげな記憶の片隅から呼び起こされ、懐かしい情景が思い浮かぶと同時に新鮮な感触に包まれるのです。



 
STARDUST
黄昏が
私の心の草原を紫に染める頃
小さな星が空高くきらめき
我々二人が別れてしまったときのことを
いつまでも思い出させる
恋の小道で彷徨う君は遥か彼方
いつまでも絶えることのないこの歌を残して
恋は昨日の甘い思い出
過ぎ去りし日々の調べ

どうしてなんだろう
孤独な夜を過ごしていると
時おり夢の中からあの歌が聴こえてくる
私を幻想の世界に誘うメロディ
再び君の面影が浮かんでくるんだ
二人の恋が始まったあの頃
口づけを交わす度のときめき
でも、それは遥か昔のこと
今や私の安らぎは
あの歌の恍惚に包まれることだけ

庭園の壁の傍で輝く星を眺めていると
君の腕の感触が浮かんでは消える
そしてナイチンゲールは
薔薇の咲き誇る楽園のおとぎ話を話してくれるんだ
私の夢は虚しいものだけれど
心の中に今でも残っている
あの恍惚のメロディが
二人の恋の思い出が繰り返し鳴り響く

 英語の "Stardust" には「星屑、宇宙塵」という意味と「ロマンティックでうっとりするような感じ(を起こすもの)、恍惚」という意味があり、後者のほうを選択して訳しております。

 1927年に作曲家のホギー・カーマイケルが世に送り出した「Stardust」。彼自身の演奏でも注目を浴びましたが、1929年には友人のミッチェル・パリッシュによって歌詞が付けられ、1931頃にビング・クロスビーが取り上げてヒットしました。以来、フランク・シナトラを始め様々なアーティストに歌われるようになり、Jazz/Pops のスタンダード・ナンバーに定着。近年はウィリー・ネルソンやロッド・スチュワートといったロック・アーティストにもカヴァーされています。


 ビング・クロスビーが第二次世界大戦前の名唱ならば、ナット・キング・コールの歌唱は戦後の決定版と称されるほどの人気を博しました。1957年発表のアルバム、『Love Is The Things』に収録。なお、娘のナタリー・コールも1996年のアルバム『Stardust』にてレコーディングしています。


 エラフィッツ・ジェラルド、カーメン・マクレエといった女性シンガーも独特の艶を滲ませていますが、今回はドリス・デイの歌声を紹介しておきます。


 シンプルな演奏をバックにしたウィリー・ネルソンの渋く、円熟味のある歌声は1978年の『Stardust』に収録。2008年にはジャズとクラシックの両部門に渡って活躍するトランペット奏者のウィントン・マルサリスとの共演アルバム『Two Men With The Blues』にて再レコーディングしていました。 


 ここしばらくビートルズ関連の楽曲を記事にしていたので、リンゴ・スターさんの歌声で今回はお開きにしたいと思います。スタンダード・ナンバーを集めた1970年のソロ・アルバム、『Sentimental Journey』に収録。

  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。