好きな音楽のことについて語りたいと思います。

Jackson Browne - Some Bridges

 ジャクソン・ブラウンが、デビュ−45周年を記念して約2年半ぶりに来日しました。京都市在住の私は大阪公演に行ってきたのですが、その時に演奏された曲について思うところを少々書き綴りたいと思います。
 オープニングは”The Birds Of St.Marks”でしたが、この曲は過日に記事にしておりますので、そちらの方を参照してください。今回は2曲目に演奏された”Some Bridges”(1996年発表のアルバム『Looking East』に収録)を取り上げることにします。





SOME BRIDGES
来る日も来る日も俺はこの引き裂かれた世界を歩いている
生き残るために闘っているのだ
週末まで生き残ることができりゃ儲けものさ
俺はまだ生きてるぜ
おまえの微笑みとともに
おまえの微笑みとともに

俺が目にするどこもかしこもが卑怯なやり方で滑り落ちて行くのがわかる
日ごとに
俺は日々の暮らしのためにい働き続けているだけさ
自分の道を行くのみだよ
おまえの微笑みとともに
おまえの微笑みとともに

この廃れた街の厄介なところを歩いてみなよ
荒れはてた通りと崩れ落ちた建物を踏みしめてみなよ
見てみなよ 子供たちの目には苦しみしか映っていないから
将来への苦しみ 今を生きるための苦しみ
落ちて行く橋もあれば
今も残る橋もある

山の手の日陰の並木道を歩いてみなよ
何をやってもうまくいく人々がいるものだ
だがなあ 人生にはそんな成功で手にしたものよりも大事なものがあるぜ
たくさんの良いことやこれまで知らなかったことに気がつくってもんさ
落ちて行く橋もあれば
今も残る橋もある

毎晩、俺は通りからの音を聞いている
ベッドに横たわりながら
人々の頭の上の光の中で
夢が踊っているのを見るのが好きなんだ
時々とてもうんざりして
希望が失せていくとき
おまえの愛と笑みで俺を満たしてくれるよな
俺が再び立ち直るまで
おまえの微笑みとともに
引き裂かれた通りを歩こう
おまえの微笑みとともに
煙が立ち上る戦場の橋を
おまえの微笑みとともに
そんな状況を見てみなよ
貧困と絶望
認識できるまで時間がかるけど
毎日、俺は昼間に歩いている
おまえの微笑みとともに
落ちて行く橋もあれば
おまえの微笑みとともに
今も残る橋もある

 軽快で、キャッチーなメロディーを持った曲ですが、内容は辛辣であり、ジャクソン一流の直喩が用いられております。つまり落ちて行く橋もあれば、残っている橋もあると歌われる「幾つかの橋」とは一般社会においての対人関係の表現であり、不遇の子供たちと成功し続ける一握りの大人たちとの対比と受け取れるでしょう。
 ジャクソンは""Some Bridges"について、このように語っていました。
 「僕が言っている橋というのは、人と人との間に架かる橋だけではなく、人と、その人が行きたい所をつなぐ橋のことでもあるんだ。たとえば、ある人たちにとっては教養を積むためのハシゴが外されてしまっている。『ある橋は崩れ落ち、ある橋はまだ残っている』とぼくが言っているのは、接触する機会、交渉の機会はまだ残されているということなんだ。とても大事なことが危うくなっているけど、まだ全部が断たれたわけではないよ」(『ジャクソン・ブラウン ヒズ・ライフ・アンド・ストーリー』P.267)

 世界一の格差社会といわれているアメリカ。僅か1%の成功者が70〜80%の富を独占し、貧困層の中には発展途上国以下の生活を送っている人々がいるとのこと。そうした状況の中で選ばれた大統領が、ドナルド・トランプでした。
 ジャクソンはトランプ大統領に関して批判的であると伝えられています。しかし、皮肉にもそのトランプ大統領を支持しているのはそうした貧困層であることはまぎれもない事実。果たしてトランプ大統領は目に苦しみを映した貧困層が渡ることのできる架け橋を提供してくれる救世主となり得るのか、それとも格差社会が生み出した仇花なのでしょうか。

 ジャクソン・ブラウンは来日前に『西日本新聞』のインタビューに応じ、その中の「ラブソングとともに政治状況や核問題に警告を鳴らす歌も世に出しています。(例えばLives In The Balance)。そして現在の米政権のありようや北朝鮮をめぐる国際政治状況は、あなたの目にどう映っていますか?」という質問に対し、「いま北朝鮮と米国で起きていることは、原爆の拡散が始まって以来世界が恐れていたシナリオそのものだ。不安定はリーダーが二人、自国の国民に対する自身の立場が有益になることしか見つめず、お互い脅しあい、その結果、世界中を核による破滅の脅威にさらしている。核戦争の瀬戸際まで状況を誘導したのが私の国のリーダーであってほしくなかった。金正恩に関して私が説明する必要はない。彼は独裁者だ。しかし、私はドナルド・トランプがアメリカ合衆国の大統領であることは説明できない。ただ、私の国の政治のシステム及び文化が失敗したとしか言えない。」と答えていました。

 折しも11月5日にトランプ大統領が来日。安倍総理と首脳会談を行いました。安倍総理は会談後の記者会見で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の対応について「あらゆる手段を通じて圧力を最大限まで高めていくことでトランプ氏と完全に一致した」と述べ、トランプ大統領も「(オバマ前大統領の取った)戦略的忍耐の時代は終わった」と強調。さらに安倍総理は「十分な時間をかけて北朝鮮の最新の情勢を分析し、今後の取るべき方策について完全に見解の一致をみました。日本は全ての選択肢がテーブルの上にあるとのトランプ大統領の立場を一貫して支持します」とも述べています。
 さて、この発言から戦争が起きるのでしょうか。ビジネスマンであるトランプ大統領が、勝っても負けても戦死者・被害者を出し、国力を疲弊させることになる戦争という選択を安易に選ぶとは考えにくいところです。しかし、金正恩委員長の望みが「核保有国として認められ、アメリカと不可侵条約を結ぶこと」である限り、北朝鮮とは対話のための対話では既にまったく意味がないでしょう。ならば日本にもとばっちりが及ぶことが必至である武力行使の道を選ぶのでしょうか。もちろん一気に核施設だけを攻撃して破壊するという短期決戦も考えられますが、トランプ大統領が示したすべての選択肢の中には戦争だけでなく、暗殺あるいは亡命を含めた金ファミリーの排除も含まれていると思われます。また、ティラーソン国務長官が「北朝鮮が、核・ミサイル実験を60日間停止すれば、アメリカは対話の用意がある」との趣旨を伝えたとの報道がありました。けれども、それは北朝鮮の核保有を認めることを前提にした交渉につながりかねません。そうなれば隣国である日本にとって、世界にとって、引いてはジャクソンが希望する平和的な解決とは程遠いでしょう。
 これまで「いくつもの危ない橋を渡り、人生の酸いも甘いも噛み分けてきた」と思しきトランプ大統領。今後の彼の言動が、ジャクソンが核戦争への不安と危惧し、アメリカの政治のシステムと文化が失敗した結果の出来事とならないことを望むばかりです。

 こちらはTVショーの映像。演奏開始は2分頃から。


 アコースティック・ギター1本の弾き語り映像。バンドとはまた違った説得力が窺えます。




 インタビューの全文については『中国新聞』のサイトを参照してください。
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=77032

 また、"Lives In The Balance"に関しては拙ブログの過去記事を参照していただけたら幸いです。
http://shadowdream25.blog105.fc2.com/blog-entry-279.html

 なお、安倍総理とトランプ大統領の会見からの引用は「MSN産経ニュース」を参考にしました。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/【日米首脳共同会見・詳報】トランプ大統領「戦略的忍耐の時代終わった」安倍首相「全ての選択肢がテーブルの上にあるとの立場支持する」/ar-AAuuoVI#page=2

参考文献
『ジャクソン・ブラウン ヒズ・ライフ・アンド・ストーリー』 マーク・ビーゴ著 水木まり訳 蒼氷社 2007年
スポンサーサイト

Jackson Browne - Love Minus Zero/No Limit

 ボブ・ディランのノーベル賞受賞に関し、オバマ大統領、スティーヴン・キング、ブルース・スプリングスティーン、ミック・ジャガー、レナード・コーエン、リンゴ・スター、ロビー・ロバートソン、U2、ベット・ミドラー、トム・ウェイツなどから祝福のメッセージが次々とツイッターなどで発表されています。ことにスプリングスティーンは「彼は俺にインスピレーションと希望を与えてくれた」との趣旨を語り、さらに「ボブがケネディ・センター名誉賞を受賞したとき、彼のために『時代は変る』を歌う機会があった。俺たちはほんのわずかの間だったが、ふたりきりで裏口の吹き抜けの階段を下りていた。彼は俺が駆けつけたことに感謝してくれ『もし君のために何かできることがあれば…』と言ってくれたのだ。俺は『冗談でしょ?』と思い、こう答えた。『もうとっくにしてくれているじゃないですか』と。」といった具合に格段の敬意を表していました。

 さて、スプリングスティーンと同じく、ディランから大きな影響を受けたとされるジャクソン・ブラウンはどうしたのでしょうか。いまのところ彼によるディランへの賛辞を見聞きしておりません。かつて東のブルース・スプリングスティーン、西のジャクソン・ブラウンと何かと対比されることがありましたが、ファンとしてはジャクソンがどんな風なコメントを発するのか気になってしまうところです。
 寡聞にして、私はこれまでにジャクソンが、ボブ・ディランについて語っているのをそれほど多く目にしたり、耳にしたりしたことはありません。彼の半生が描かれた書物にも具体的なディランに関しての記述を見いだすことはできませんでした。ジャクソンはディランという大きな存在を意識的に遠ざけていたのでしょうか。それとも同業者として一線を画すために距離を置いていたのでしょうか。
 
 そんな雑念が頭の中を駆け巡る中、かなり古くなりますが、1974年8月に発行された『ライトミュージック』という雑誌の中に彼へのインタビュー記事が掲載されているのを思い出しました。そこにはディランに会った時のジャクソンの印象が割と詳細に書かれています。
 まず、「コンサートの後にディランと会うことが出来たが、握手にも応じず、黙っていた。ボブ・ディランをディラン自体が演じているような気がした。詩人とはマイナーな存在だ。大衆の中で、幻想化され、美化されたディランと、詩人ディランその人とはかなりの食い違いがあるのだろう」との趣旨を述べた後、「ディランは絶えず全体感を見続けている。たとえば普通の人間がショウをみると、その1時間のドラマを見て楽しむが、彼の心の中はそこに自分の姿をうつしてみたり、裏方を見たり、客と舞台の間を観察したりすることが横行する。絵画的にものを見たり、芸術家の素質をかねそなえている男だね。この歴史観とか時代的意識、政治的意識をこうしたやさしい言葉で表現できるのはディラン独自の特性だ」と語り、インタビュアーが「よく日常性を追求すればそれが芸術だと思っている奴がいる。又貧しさとか逆境が芸術と思っている奴もいる。それは大きな間違いさ。ものを見る目があるかどうかは金持ちでも貧乏人でもわからない。このものを見る目があって、それを詩という形にまで築き上げることのできる人間が詩人だ。」といった具合に応えたのに対し、ジャクソンは「彼(ディラン)はものすごいマネーコレクターだよ」という言葉を付け加えていました。
 インタビューの内容からは崇拝していた人物と実際に会い、その素顔に触れて感じた落差や隔たりが垣間見えます。それでもジャクソンの洞察力と感性はディランの本質の一端を鋭く暴いていると言えるでしょう。30年以上も前のインタビュー記事ですが、ひとりの普通の人としてのボブ・ディランを理解するうえでのヒントとなり得るのかもしれません。

 連絡が取れず賞を受け取るのか否かと騒がれたものの、ようやく「受賞したことを知り言葉を失った。この栄誉に感謝します」と受け入れる意向を示したディラン。これも彼一流の予定通りの行動だったのでしょうか。案外、沈黙していたのは「いや、どうしよ。スウェーデンの王様に会わなあかんのやな。照れくさいわ。何着ていったらええんやろ。タキシードを新調しよかな」といった具合に悩んでいたのかも。

 現在、ジャクソンはディランのノーベル賞受賞に関してのメッセージを出していないようですが、ディランへの敬愛の念はデビュー前と変わらないでしょう。その証拠といっては何ですが、2012年にリリースされたディランのトリビュート・アルバム『Chimes Of Freedom: Songs Of Bob Dylan Honoring 50 Years of Amnesty International』では「Love Minus Zero/ No Limit」をカヴァーしていました。なお、ディランのオリジナルは1965年発表の『Bringing It All Back Home』に収録されています。



LOVE MINUS ZERO/NO LIMIT
俺の恋人、彼女は語りかける時もまるで沈黙しているみたい
理想も暴力も口にしない
彼女は自分が誠実だと打ち明ける必要はない
氷のように、炎のように彼女は偽りのない人
みんなは薔薇の花を持ちながら
1時間おきに約束を取り付けようとやってくる
俺の恋人である花のように笑い
ヴァレンタインの贈り物には見向きもしない

雑貨店やバス・ターミナルでは
人々が自分たちの置かれた境遇について語り
本を読み、他人の言葉の引用を繰り返し
壁の上にああだこうだと結論を描き
誰かが未来について述べている
俺の恋人、彼女は穏やかに語りかける
失敗のような成功はなく
そうした失敗もまた成功のもとではないと彼女は知っている

マントと短剣がぶら下がり
奥方たちはキャンドルに灯をともす
騎士たちの式典で
歩兵でさえも恨みを抱く
マッチ棒で作られた像は
お互いに寄りかかってあげくに崩れ合う
俺の恋人はウインクし、まったく気にする素振りもない
議論したり判断したりするにはあまりにも多くを知りすぎているのだ

真夜中に橋が揺れ動き
田舎の医者があてもなくぶらつく
銀行家の姪たちが完璧なるものを追い求め
賢者たちが持って来る贈り物に期待を膨らます
風がハンマーで叩き付けるかのような音でうなり
その夜は冷たく雨模様
俺の恋人はカラスのように
傷ついた羽で俺の窓にとまっている



 この曲は多くのアーティストに取り上げられています。清楚な歌声がメロディ・ラインの美しさを納得させるジュディ・コリンズのヴァージョンは1993年の『Judy Collins Sings Dylan Just Like a Woman』に収録。


 荘厳で格調高いアレンジが施されたロッド・スチュワートのヴァージョンは1997年のトリビュート・アルバム『Diana, Princess Of Wales』に収録。


 他にもウォーカー・ブラザーズ(1965年の『Take It Easy With the Walker Brothers』に収録 )、ジョーン・バエズ(1968年の『Any Day Now』に収録)、リック・ネルソン&ザ・ストーン・キャニオン・バンド(1971年の『Rudy The Fifth』に収録)、バック・オーエンス(1971年の『Bridge Over Troubled Water』に収録)、ブリジット・セント・ジョン(1972年の『Thank You For....』に収録)、レオン・ラッセル(1995年の『Leon Russell and the Shelter People 』のリイシュー盤に収録)、ダグ・サム(2000年の『The Return of Wayne Douglas』に収録 )など枚挙に暇がありません。

  次のページ >>