好きな音楽のことについて語りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paul McCartney & Wings - Tomorrow

 ポール・マッカートニー主導で作られたビートルズ・ナンバー「Yesterday」はあまりにも有名です。彼は他にも「Another Day」、「Here Today」、「Tomorrow」など「日」に因んだタイトルの曲を発表してきました。それらの殆どは今なおステージで演奏されているのですが、何故か「Tomorrow」だけが蚊帳の外。そこで、今回はこの「Tomorrow」をお題とし、とりとめのないことを語らせていただくことにします。


TOMORROW
ねぇ、ベイビー、明日はがっかりさせないでくれよな
お互いの手を取り、哀しみを捨て去ろう
明日は出発するにはいい日なんだ

なあ、ベイビー、日曜日を怠惰に過ごしたな
ここにある1ポンドで
月曜まであくせくしてやりきろう
ああ、日曜日はがっかりさせないでくれよ
パンとチーズをどっさりバッグに詰めて
木陰を探し
田舎の澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込もう
そして君のきれいな指で俺の髪をといてくれよ

明日は
ふたりが哀しみを捨て去るとき
ああ、ベイビー
がっかりさせないでくれ
一週間は何としても
ああ、明日は一緒に旅立つチャンスなんだから

さあ、晴れた空に祈ろう
君の瞳に映る虹に願を懸けるよ
気象予報士の機嫌がいいことを望む
ふたりの計画を台無しにしないように

ねぇ、ベイビー、明日はがっかりさせないでくれよな
お互いの手を取り、哀しみを捨て去ろう
明日は出発するにはいい日なんだ

 1971年リリースの『Wings Wild Life』に収められていた小品、「Tomorrow」。少年期に最愛の母を亡くした経験と失恋した時の気持ちを重ね合わせながらの追憶と後悔が表された「Yesterday」とは違い、過去を振り返ることなく「明日への希望」が歌われています。歌詞の中に "Don't you let down" という言葉が何度も出てきますが、ジョン・レノン主導のビートルズ・ナンバーである 「Don't Let Me Down」をポールが意識していたかどうかわかりません。しかし、「お互いの手を取り哀しみを捨て去ろう」、「明日は出発するにはいい日だ」といった歌詞からはジョンとの和解を呼びかけているようにも受け取れます。そんなポールの「ラヴ・コール」に気を良くしたのか、ジョンは『マイク・ダグラス・ショウ』に出演(1972年2月14〜18日の5回)した際、『Wild Life』に関して「いいね。悪くない。あいつはいい方向に進んでるよ」と評したとのこと。1971年9月に9日リリースされたジョンのアルバム『Imagine』に収録されていた「How Do You Sleep」においてはポールを誹謗中傷しているのではないのかと物議を醸しましたが、いやそうでなく、「過去の栄光にすがらんと気を引き締めなあかんど」というジョンからポールへのアドバイスであったことを裏付けるような内容だったように思えます。たとえ別れて暮らしていても、心が通い合うかのようなジョンとポール。私のような常人には決して立ち入ることが出来ぬ関係なのでしょう。
 思い返せば、私がかなり以前に勤めていた会社にも、とても仲のよい先輩2人組がおられました。出勤もたいてい一緒、昼食も誘い合わせ、外回りや残業がなければ揃って社を後にするという毎日。聞けば幼馴染みだそうで、現在も近所に住んでおられるとのことでした。元々は別の会社にいたらしく、片方をもう片方がその技量を上層部に推薦した上で引っぱってきて、晴れて同僚となったようです。そんな恋人同士のような彼らですが、ふたりとも妻子がおられ、つまり家族ぐるみの付き合いをされておられるということなのでしょう。決して怪しい仲、背徳的な関係ではありません。自分の都合であっさりと友達や仲間を出し抜いたり裏切ったりするのが珍しくない現代社会において、永遠の如くの友情とは実に羨ましいものです。
 少し前に「日本はポール・マッカートニーだ。ポールのいないビートルズはあり得ない。米国はジョン・レノンだ。この2人がきちっとハーモニーをしなければならない」と理解に苦しむような発言をした総理大臣がおられました。それに比べれば、「日米同盟は深い友情に結ばれた同盟であること」に言及したうえで、キャロル・キングの「You've Got A Friend」の歌詞を引用し、「歴史の直視」と「未来志向」というメッセージが込められた現在の総理によるアメリカ議会上下院の合同会議でのスピーチのほうが、よほど的確ではないでしょうか。是非はともかくとして。
 この演説に、ネットでは「日本の戦後史とアメリカへの思いを首相自らの人生を重ねて語られた。日米両国の新蜜月時代を象徴する名演説」と高く評価する声が相次ぐ一方で、「大好きなこの曲が、こんな形で引用されて悲しい」、「音楽も何も知らんくせに、ウケ狙いで政治利用すんなー!」、「政治家が歌の趣旨を曲解して利用することに憤りを覚える」とキャロル・キングおよび当該の曲を汚されたと言わんばかりの非難が続出しているようです。さらには「国益を図りながら外交をしている国家観に友情は成り立たない。情緒に流されるのは禁物」といった覚めた意見もありました。
 さて、このまま話を進めると、お題と関係のない方向に向かってしまいそうなので、今回はこのあたりでお開きとさせていただきます。ぼやき漫談にもならぬ、いつもながらの拙い文章でしたが、ご覧いただき誠にありがとうございました。

 残念ながら、現在は廃盤状態のようです。そのうちにアーカイヴ・コレクションとして再発するでしょう。


 おっと、閉店前にカヴァー・ヴァージョンを紹介しておきましょう。前回のネッド・ドヒニーの「Get It Up For Love」に引き続き登場のデヴィッド・キャシディさんです。彼の歌う「Tomorrow」は1976年発表の『Home Is Where The Heart Is』に収録。このアルバムはキャシディ本人とシンガー・ソング・ライターのビル・ハウス(ギターなどでも参加)との共作曲が4曲も含まれ、ジェシ・エド・ディヴィス(ギター)、ダニー・クーチ(ギター)、ネッド・ドヒニー(ギター)、リー・スクラー(ベース)、ジム・ケルトナー(ドラムス)、ジム・ゴードン(ドラムス)、リッチー・フューレイ(バック・ヴォーカル)、ブルース・ジョンストン(キーボード)、カール・ウィルソン(バック・ヴォーカル)など錚々たる面々が集結。キャシディとの共同プロデュースを勤めたブルース・ジョンストンの豊富な人脈のなせる業でしょうか。なお、ビル・ハウスもジョンストンとテリー・メルチャーのプロデュースによって『Give Me A Brake』というアルバムを1974年に発表していました。




スポンサーサイト

Ned Doheny - Get It Up For Love

 今回は前回で扱ったジャクソン・ブラウンさんの旧友であるネッド・ドヒニーさんを取り上げます。3月に来日したジャクソンに続いてネッドも5月に来日予定。1976年に発表したセカンド・アルバム『Hard Candy』をライヴで再演するとのこと。そこで、その『Hard Candy』のオープニングを飾る曲、「Get It Up For Love」をお題にし、少しばかりお茶を濁すことにしましょう。

ハード・キャンディハード・キャンディ
(2014/06/25)
Ned Doheny

商品詳細を見る



GET IT UP FOR LOVE
どうにもややこしい状況で
結果がどうなるかなんて予測できやしない
この謎を解ければ
思い悩む心が救われるんだがな
さもなければ川が凍てつくまで
愛の幻影を追い求めるしかない

ヘイ、ベイブ
恋の準備はできたかい

誰にも憧れってやつがあるものさ
恋の痛手がいつ癒えるかなんて
知っている人はいないよ
恐れをなして逃げ出すか
このまま留まって戦うか
列に並んで「それは正しくない」と喚き散らすのか
そんなものさ

ヘイ、ベイブ
恋の準備はできたかい

微笑みに騙され
流れ星がまたひとつ
路傍に砕け散る
恋に落ちたら自分が何を考えているのか
気づいている人は殆どいやしない

どうにもややこしい状況で
恋の戦いがいつ終わるかなんて
神様のみぞ知るってところさ
恋の成就に一生かかっても
ベイブ、身も心も燃え尽きるまでにはたっぷり時間があるぜ
立場がどうなろうとも君を見捨てやしない

 恋の悩みに揺れ動く心情が描かれた「Get It Up For Love」。甘酸っぱく切ないヴォーカルがネッド・ドヒニーの持ち味とされていますが、ウエスト・コースト・サウンドの持つ爽やかな印象とは裏腹に、葛藤や感情の吐露が読み取れます。
 人は誰でも傷つき、悩み、道に迷いながら自分の中の弱さや愚かさと向き合い、克服し成長して行くもの。胸をえぐられるような思いを経験したり、辛酸をなめることもあったでしょう。歌の中に綴られた他愛のない言葉の裏に、苦汁や不条理などが垣間見えました。
 なお、"get it up" を辞書で引くと、「勃起させる」という言葉が目に飛び込んで来ます。それではあまりに品がないので、ここでは「恋の準備が出来ているか」といった意味と解釈しました。また "hard candy" はスラングで「ヘロイン」、「勃起した男性器」、「未成年の魅力的な女性」という意味があり、ネッドの清涼感が漂う歌声とサウンドの裏にはドロドロとした人間の性というものが内包されているのではないかとも思う次第です。
 石油関連で財を成した大富豪の家系に生まれたネッド・ドヒニー。ビヴァリー・ヒルズにはドヒニーの名を冠した通りがあり、どれほどの名門であったかを窺い知れます。そんな風に何不自由なく育ったと思しき「ぼんぼん」であるネッド。雑草根性とか反骨精神などと無縁ではないかと想像に難くありません。しかし、彼の思春期から青年期にかけてのアメリカ社会はヴェトナム戦争が暗い影を落としており、決して順風満帆な人生を送っていたとは言えないでしょう。そのことは以前に取り上げた彼の「On An On」の歌詞からも推測されます。

 それでは「Get It Up」のカヴァー・ヴァージョンを幾つか紹介しましょう。
 アル・クーパー、マイケル・ブルームフィールド、スティーヴン・スティルスらの『Super Session』(1968)でベーシストを務めたことで名を上げたセッション・ベーシストのハーヴェイ・ブルックスと元イリノイ・スピードプレス(ポール・コットンがポコに加入する以前に在籍していたバンド)のギタリストだったカル・ディヴィッドによるザ・ファビュラス・ラインストーンズのヴァージョンです。1975年の『Rhinestones』に収録。ネッドのヴァージョンよりも骨太でファンキーですね。


 アメリカのテレビドラマ『The Partridge Family』(1970~1974)で主役を演じたデヴィッド・キャシディのヴァージョンです。1975年リリースのアルバム『The Higher They Climb』に収録。ハイトーン・ヴォイスのネッドと対照的な野太い声、ダンサブルな速いテンポ、パーカッションやストリングスを配した派手なアレンジが印象的。このアルバムはキャシディ本人とブルース・ジョンストン(ザ・ビーチ・ボーイズ)がプロデュースにあたり、ジョンストン作の名曲「I Wrote The Song」、ビーチ・ボーイズのナンバーである「Darlin」(山下達郎さんのアルバム『Big Wave』に収録)、フィル・スペクターとハリー・ニルソン共作「This Could Be The Night」(山下さんの『Big Wave』収録のヴァージョンが日本では有名)、キャシディとリッチー・フューレイ(ポコ)の共作による「Love In Bloom」など興味深い作品が収められていました。バック・ヴォーカルとしてビーチ・ボーイズからカール・ウィルソンも参加。


 ポール・ニューマン主演の映画『Slap Shot』(1977年公開)の主題歌「Right Back Where We Stand(愛とは強いもの)」のヒットを持つロンドン出身のR&Bシンガー、マキシン・ナイチンゲールのヴァージョンは1977年の『Night Life』に収録。


 以前に取り上げたA Love Our Your Ownをネッドと共作していたヘイミッシュ・スチュアート率いるアヴェレージ・ホワイト・バンドのヴァージョンです。ベン・E・キングとの共演盤である1977年の『Benny & Us』に収録。 なお、ヘイミッシュが、ポール・マッカートニーの片腕として活躍し、リンゴ・スターのAll Starr Bandのメンバーとしても活動していたことは言うまでもないことですね。


 スティーヴィー・ワンダー、チャカ・カーン、マイケル・ジャクソン、マドンナらののバック・ヴォーカルを務めたゴスペル・シンガー、タタ・ヴェガのヴァージョンは1978年の『Try My Love』に収録。


  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。